安心なまちやつしろプロジェクト

笠松橋【日本遺産】
かさまつばし

【市有形文化財】明治期に種山地域の石工の代表的人物である橋本勘五郎によって架けられたと伝わる橋である。現在も地域の人々の生活に使用されている。付近は公園整備がなされており、ノミ加工の跡など、めがね橋を造った石工の技術力を間近で見て感じることができる。

電 話八代市文化振興課 0965-33-4533
住 所熊本県八代市東陽町河俣
SDGS 感染防止対策実施中
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

このページのQRコード

わたしたちも感染防止やってます!