安心なまちやつしろプロジェクト

ひねり灯籠【日本遺産】
ひねりとうろう

90度ねじれたように彫刻された石灯籠。若宮神社の灯籠は嘉永4年(1851)に橋本勘五郎が作ったと伝えられている。また、近くの菅原神社の石灯籠嘉永7年(1854)は石工の文八の作で、さらに90度ねじれている。見た人に驚きを与え、石工の遊び心、技術の高さを今に伝えており、石工たちが暮らしていた「石工の郷」の雰囲気を醸し出している。

電 話八代市文化振興課 0965-33-4533
住 所熊本県八代市東陽町 若宮神社 及び 菅原神社
SDGS 感染防止対策実施中
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

このページのQRコード

わたしたちも感染防止やってます!