安心なまちやつしろプロジェクト

めがね橋群【日本遺産】
めがねばしぐん

八代市域には、石工たちによって江戸時代から近代にかけて架けられためがね橋が数多く残っている(現存46基)。めがね橋の多くは、壁石は自然石の乱積で質素ながらも、アーチ部分は加工を施した石材を用いるなど、実用性を重視しており、できる限り費用を抑えながらも、丈夫な橋を架けるための工夫がみられる。

電 話八代市文化振興課 0965-33-4533
住 所熊本県八代市二見
SDGS 感染防止対策実施中
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

このページのQRコード

わたしたちも感染防止やってます!