安心なまちやつしろプロジェクト

ケアセンター健康館
けあせんたーけんこうかん

電 話0965-39-9011
住 所八代市田中町573番地8
営 業

8:30~17:30

定休日日曜、年末年始
SDGS 感染防止対策実施中
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
介護・福祉サービス施設は、職員が直接利用者へ介護・介助・支援サービスを行い、密閉、密集、密接と言われる3密などは避けがたい状況です。
当施設では従来、厚生労働省の指導に基づき、「業務マニュアル」、「感染対策マニュアル」を作成のうえ実施しており、新型コロナウイルス感染対策防止策を追記する表記になっております。

1.必須項目「3つの密」を避ける

密閉
店内換気の実施

・ご利用者様の体調に留意しながら、窓やドアを定期的に開放し外気を取り入れ換気を行っています。
・換気扇、加湿器などを設置し、室内の温度や湿度を保ちながら換気を行っています。

密集
対面の対策

・ご利用者様が対面席に座る場合は、一定の距離を確保するよう配置を行っています。
・利用者様へのお声かけは、なるべく対角線上や側面、目線を低くしてご対応いたします。

間隔を空けよう

・朝礼やミーティング時には、人と人との一定の間隔をあけて実施しています。

密接
密接を避ける

・ご利用者様同士は、なるべく密になりすぎないようにお声かけや配置への支援を行います。
・国や県が発令する感染警戒レベルに応じて、ご面会や関係者の立ち入りを制限する場合があります。

非接触会計

・部外者からの書類の受け渡しなどは、密接や非接触とならないようご対応いたします。書類等受け取りを行った後は手指の消毒を徹底しています。

その他
検温

・利用者様へは毎日、体温測定や体調確認、食事摂取量などバイタルチェック表に記録します。
・スタッフは検温や体調を確認し記録を行い、管理者は職員の体調を把握し、管理簿を作成しています。
・発熱や咳、味覚症状など異常が認められる場合は、勤務を制限し検査や自宅待機を勧めます。

清掃の徹底

・不特定多数の人が接触する場所(共同テーブル、トイレ、浴場、更衣室など)や備品類(作業道具、リハビリ用具など)はアルコール消毒液や次亜塩素酸系などで消毒を行っています。
・清掃後ゴミ回収後は手洗いアルコール消毒を徹底しています。

手洗い・消毒

・スタッフはこまめに手洗い、うがい、アルコール消毒を徹底します。
・ご利用者様は、施設に入る際に、手洗い、うがい、アルコール消毒への声かけと支援を行います。

マスクの着用

・スタッフは必ずマスクを着用して介護支援を行います。
・自宅への送迎時はマスクを着用し、利用者様、家族様へもマスク着用をお願いしています。
・マスクをお忘れの方は施設内に常設しています。

追跡調査等の準備

・ご利用者様やキーパーソン等の情報は施設で管理させていただいています。
・接触確認アプリ”COCOA”の使用を推奨しています。

COCOAのダウンロード

2.選択項目

アルコール消毒

・施設内の各場所にアルコール消毒スプレーを設置しています。

洗濯の徹底

・スタッフのユニフォームは毎日洗濯を行い、清潔保持に努めています。
・施設で使用するタオル類は個人のみで使用し、毎日洗濯を行います。

トイレ後の手洗い

・ご利用者様のトイレ利用後は、手洗いやアルコール消毒への声かけや支援を行っています。
・手洗い後の拭き上げはペーパータオルを使用しています。

店内BGM調整

・音楽やテレビの音量は控えめに設定し、コミュニケーションの取りやすい環境を提供しています。

休憩時間の配慮

・休憩スペースは、過密にならないよう時間配分を決め、順次休憩を取っています。
・休憩室を利用する際は、手洗いやアルコール消毒を済ませてから入出します。

自主規制

・利用者様やスタッフなど、身の回りで感染者が発生した場合は、速やかに保健所へ報告し指示に従い対応します。
・従業員連絡一覧表を作成し、緊急時の連絡体制を整えています。
・感染症予防対策として、スタッフに対し知識や意識向上への助言や指導、最新情報の共有を行っています。

★独自の対策事項

介護サービス提供事業所の場合は、職員が直接利用者へ介護・介助・支援サービスを行い、密閉、密集、密接と言われる3密などは避けがたい状況です。
事業所は従来厚生労働省の指導に基づき、「業務マニュアル」、「感染対策マニュアル」を作成のうえ実施しており、新型コロナウイルス感染対策防止策を追記する表記になっております。

このページのQRコード

わたしたちも感染防止やってます!