安心なまちやつしろプロジェクト

地域密着型特別養護老人ホーム あさひ園みやじ
ちいきみっちゃくがたとくべつようごろうじんほーむ あさひえんみやじ

電 話0965-45-5595
住 所熊本県八代市宮地町169-1
営 業

8:00~17:30

定休日なし
SDGS 感染防止対策実施中
介護・福祉サービス施設は、職員が直接利用者へ介護・介助・支援サービスを行い、密閉、密集、密接と言われる3密などは避けがたい状況です。
当施設では従来、厚生労働省の指導に基づき、「業務マニュアル」、「感染対策マニュアル」を作成のうえ実施しており、新型コロナウイルス感染対策防止策を追記する表記になっております。

1.必須項目「3つの密」を避ける

密閉
店内換気の実施

・利用者様の体調に合わせて、温度、湿度に配慮しながら、感染防止のための換気を行います。
・空気清浄機やオゾン等を利用し、感染症防止に努めます。

個室の使用

・感染症が発生した場合、個室(隔離できる居室)による対応を行います。

密集
対面の対策

・感染症が発生した場合、レッド、グリーン、セミグリーン等にエリア分けを行い、感染リスクの拡大を防ぎます。
・入口に入場制限を掲げ、制限した座席数を明示します。
・テーブルは、対面にならないように配慮し、衝立やビニールカーテンを設置します。

間隔を空けよう

・隔離管理ができないときは、ベッドの間隔を2m以上あける、あるいはベッド間をカーテンで仕切る等します。

密接
密接を避ける

・感染者(疑い)へのケアを行うときには、マスク、手袋、ガウン、フェイスシールド等を着用し、介護にあたります。
・待合場所及び入退場される場合は、他のお客様との接触を避けるようにお願いします。

非接触会計

・現金の場合はコイントレーで行います。
・部外者との書類等の受け渡しの際は、密接と非接触に留意してカウンターやテーブルの上にてご対応します。その後は手指消毒を徹底します。

その他
検温

・職員は出勤前に体温測定し、出勤時の報告、記録を残します。
・利用者様のバイタルチェックは毎日行います。体調不良が見られた場合、看護師もしくは医師に連絡、その後の対応の指示を仰ぎます。
・利用者様と職員の健康管理を心がけるとともに、感染症に罹患した場合には休むことができる職場環境づくりに努めます。
・栄養状態の把握や食事摂取状況、定期的な体重測定、バイタルサイン(体温、脈拍、血圧等)測定等を行います。

清掃の徹底

・安心して利用していただくために、事業所内の清掃はこまめに行います。
・事業所では、アルコール消毒液などを積極的に使用し、感染症拡大防止に努めます。
・床に血液、分泌物、嘔吐物、排泄物等が付着した場合は、手袋を着用し、次亜塩素酸ナトリウム液等で清拭後、湿式清掃し、乾燥させます。
・トイレのドアノブ、取手等は、消毒用エタノールで清拭し、消毒を行います。

手洗い・消毒

・職員は、こまめに手洗い、うがい、消毒を徹底し清潔保持に努めています。
・利用者様には、手洗い、うがい、消毒への声かけ支援を行います。

マスクの着用

・職員は常時マスクを着用しご対応いたします。

追跡調査等の準備

・国や県が発令する感染警戒レベルに応じて、ご面会や業者等の立ち入りを制限する場合があります。また、施設に入る際は、検温、マスク着用(アルコールによる手指消毒)を義務付け、受付に氏名、体温などをご記入いただきます。

2.選択項目

洗濯の徹底

・ユニフォームなどは毎日洗濯を行います。
・ケアに使用した器具の洗浄・消毒を行います。

休憩時間の配慮

・休憩室は密にならないように、休憩時間をずらすなどの配慮を行います。
・職員が食事をとる場合、体面にならないように、そして十分な距離が保てるように配慮します。

自主規制

・施設内での入浴におけるレジオネラ感染予防対策を講じるためにも、衛生管理を実施し安全、安心な入浴を行います。
・職員に対して節度ある行動(・不要不急の外出・3密を避ける・私生活での感染予防対策など)への助言や、市内等で感染症が発生した場合の新着情報を入手共有し、適切な行動への指導を行います。
・感染者並び感染が疑われる職員に対しては、出勤を停止し、自宅待機とします。

★独自の対策事項

【感染予防】
・同意を得たうえで、積極的に予防接種の機会を提供します。
【感染症への対応】
・感染症が発生した場合、速やかに保健所、並びに熊本県と八代市に連絡し、その後の対応の指示を仰ぎます。
・当事業所では感染症(防止)マニュアルを作成しています。
・当事業所では感染症対策委員会を設置しています。(3つの基本姿勢:①病原体を持ち込まない。②病原体を持ち出さない。③病原体を広げない)
【研修等】
・定期的に感染症に対する勉強会を開催します。
・職員に対しての感染症マニュアルの周知を行います。
・勉強会、研修回答で出た意見や改善内容は、利用者様ならびにご家族に開示し、情報の共有を行います。

このページのQRコード

わたしたちも感染防止やってます!